top of page
検索

映画「日光物語」6月17日(土)〜23日(金)東京都写真美術館ホール にて公開決定

映画『日光物語』ついに都内での上映が決定致しました。上映期間中は連日、監督および出演者によるトークイベントも予定しております。都内近郊にお住まいの皆さまはこの機会に是非ご覧ください。※登壇者は決定次第発表になります。


上映期間:6月17日(土)〜23日(金)


​会場:東京都写真美術館・1Fホール

〒153−0062 東京都目黒区三田1−13−3 恵比寿ガーデンプレイス内

東京都写真美術館ホール 劇場公式サイト https://topmuseum.jp/


上映スケジュール:

⚫︎6月17日(土)・18日(日)

14:00 / 18:00 *2回上映

14時の回​:14:00〜上映開始 上映後舞台挨拶

18時の回:18:00〜上映前舞台挨拶 18:30〜上映開始

17日はメインキャストと監督による初日舞台挨拶予定

18日もメインキャストと監督による舞台挨拶予定

※登壇者は決定次第の発表となります。

⚫︎ 6月19日(月) 休映日

⚫︎ 6月20日(火)〜23日(金)

18:00 *1回のみ

18時の回:18:00〜上映前舞台挨拶 18:30〜上映開始

​*上映期間中は連日、監督・出演者・スタッフ等による舞台トークを予定しております。

*予告なくイベント内容が変更になる場合がございます。​

映画「日光物語」公式HP https://nikkoeiga.com/news

映画「日光物語」公式Twitter https://twitter.com/nikkoeiga



出演

武藤十夢

スネオヘアー

宝田明

九十九一

伊藤克信

大桃美代子

三坂知絵子

岩瀬顕子

大高洋子

内藤忠司

栩野幸知

べアーズ島田キャンプ

吉永アユリ

和泉詩

鎌田規昭

伊原実穂

城之内正明

高村康一郎

鈴木亮介

和宥

山本愛香

岩崎浩明

樗木愛実

波多俊

作新学院高校演劇部の皆さん

<映画「日光物語」について> 【作品概要】 日光市を舞台に、かつての寅さんのような人情物語が繰り広げられます。 監督は 2020 年に公開され今も上映が続いている『おかあさんの被爆ピアノ』を製作・ 監督。新潟の山あいを舞台にした『ゆめのかよいじ』、茨城が舞台の『レミングスの夏』、 そして、鹿沼市を舞台にした映画『ほうきに願いを』など、地域に根差した映画づくり をしている五藤利弘。 映画製作において、粉川昭一日光市長に日光映画製作実行委員会名誉会長に就任頂き、 日光市には全面協力して頂いております。 顧問に、船田元衆議院議員、上野通子参議院議員、西川公也元衆議院議員に就任頂いています。 【企画意図】 令和の今、昭和の懐かしさが若者たちの間で静かなブームになっています。 レトロな喫茶、街並みを訪れる若者たちはその時代に憧れを抱いています。コロナ禍 の今、自宅にいる時間が増えたこともあり、昭和の家族団欒もまた見直されています。 そうした今、昭和のよさ、昭和のユーモア、昭和の温もりをふんだんに盛り込んだ、いつかどこかで見たような懐かしい思いに浸る映画をお届けします。 笑って、ハラハラして、最後はほろりとする、かつての「男はつらいよ」のような、 人のつながり、絆を改めて見つめるきっかけになる映画です。 二社一寺の参道で「本宮カフェ」を経営する大場嘉門とその家族を中心に、 町の人々や日光を訪れる人々など、人と人とが織りなす人情物語。 作品タイトル:「日光物語」 監督・脚本:五藤利弘


主題歌:スネオヘアー「blue」


製作:日光映画製作実行委員会 名誉会長:粉川昭一 日光市長

顧問:船田元 衆議院議員、上野通子 参議院議員、西川公也 元衆議院議員

会長:五藤利弘(監督・プロデューサー)

制作:OneScene

Comentarios


bottom of page